HOME医師紹介医院案内交通案内初診の方へ

予防歯科

国分寺駅徒歩3分。国分寺市,本町の歯科,歯科口腔外科なら松本デンタルクリニック。

042-312-4545

診療科目
一般歯科,小児歯科,歯科口腔外科,審美歯科

診療時間
【月・火・水・金】
午前:9:30~13:00
午後:14:30~20:00
【土】
午前:9:30~13:00
午後:14:00~17:00

休診日
木曜、日曜、祝日

交通案内 国分寺駅から徒歩3分!!銀河鉄道バス「国分寺駅入り口」目の前」
HOME»  予防歯科

歯周病予防について

歯周病予防

歯の周りには、歯を支えるために必要な様々な組織(歯肉・歯根膜・セメント質・歯槽骨)があります。

歯周病(歯槽膿漏)は、歯の付け根に付着した歯垢の中の歯周病菌が、歯肉や歯を支える骨を破壊し、最終的には歯が抜けてしまう病気です。歯垢に唾液成分の無機質が沈着し、硬く石灰化した歯石に、歯周病菌の温床となります。

始めは歯周の歯肉に炎症を起こし、出血します。進行すると歯肉溝が深くなっていき、歯がぐらつき、歯の根が見えてきます。そのうちに口臭や出血が酷くなってきり、常時ウミが出てくるようになります。

歯周病は、一本だけでなく多数の歯が一度にかかることがほとんどで、虫歯と違い、痛みなどの自覚症状がなく進行します。

長い間、歯周病のサインを見逃して放置し、歯がぐらぐらになってから来院しても、抜歯しか手段が無いこともしばしばで、いきなり歯を失ってしまうことになりかねません。

また、糖尿病や喫煙などの危険因子が加わると、さらに歯周病の進行を促し、その他の因子と相まって、心筋梗塞などの全身疾患の引き金になるともいわれております。

レーザー光を用いたデジタル虫歯診断機器 ダイアグノデント ペン

当院では視診、触診、ダイアグノデント診査、X線検査を組み合わせることにより、治療の必要のある虫歯かどうかをより正確に判断させて頂き、必要以上に削ることを防ぎかつ、治療の必要のある部位を早期発見することを心がけております。

ダイアグノデント ペン

表面からでは判別しにくい初期の虫歯や歯と歯の境い目にある虫歯の深度を
レーザーの反射を利用して痛みもなくデジタル表示で診断することができます。

レーザー光で検知

歯質にダメージを与えない診査方法

レーザー光で検知歯面に655nmのレーザー光を照射することで起こる蛍光反射を測定し、隠れたカリエスや表層下カリエスを検出し、その状態を数値化します。このレーザー光線は、最大2mmの深さまで到達し、健全な歯質には低い値が示されますが、カリエスを含め歯質が変化している場合には、高い値が示されます。
ページトップへ戻る